スポンサードリンク

あの時から不幸の連続

50代女性の投稿です

 

 

結婚して25年ですが、主人は結婚当初はバブルの影響もあり、

中小企業ではありましたが、年収も世間からいえば決して

悪い方ではありませんでした。

 

 

結婚して長女が生まれ、私の父が病気になった事もきっかけに、

郊外ですが2世帯住宅も建てました。

 

 

土地は両親の物で家のローンは25年のローンで

私たち夫婦の支払でした。

 

 

しばらくは世間からいえば、順風満帆といえる幸せな時期が

あったのですが、思えばこの事件から私たちというか

私には地獄の人生の始まりでした。

 

 

家を建ててから2年ほど経った頃に、主人が家の前の路地を

運転していた時に急に中学生の女の子が飛び出してきました。

 

 

私は同乗していなかったのですが、救急車を呼び応急処置をした結果は、

頭を打ったらしく、入院するほどではないが、しばらく経過観察という事で

通院となりました。

 

 

交通事故ですので、当然保険が利かないのでこちらがお詫び

含め高額な治療費を払いました。

 

 

主人の不注意なので仕方がないのですが、相手の女の子は

部活をしている位に元気でした。

 

 

主人も主人で任意保険に加入しているので、保険を利用すればいいのに、

任意を利用すると次回から保険料が高くなるといい、自賠責保険のみで

自分で処理するというので、 立て替えから示談の話から結局、主人の手に負えずに

私もお話しの中で金額交渉までしました。

 

 

プロなら主人も前方不注意で悪いですが、いきなり飛び出してきた女の子にも

非がない訳ではないと思うので、言うがままにという金額で示談はないと思うのですが、

結局50万という慰謝料プラス治療費という話で解決したのですが、お金の問題ではなく、

何の為に月々車の保険に入っているのだろうと腹が立ちました。

 

 

事はこれだけではすみません。

 

 

その事件から半年後には主人は会社を辞めたいといいだし、退職しました

 

 

それでも次の仕事はすぐ見つかったので、しばらくは生活していたのですが、

その会社も2年と続かず、私に内緒で辞めてしまったのです。

 

 

その頃はお昼にお弁当を持参していたのですが、辞めてからもお弁当を持ち、

どこかで時間をつぶして帰ってくる生活を2ケ月近くしていたのです。

 

 

40過ぎた中年がおいおいと簡単に仕事が見つかる訳もなく、

給料は自分で口座に振り込んでいたのです。

 

 

しかしながら、そのお金はどうしたのか?と聞くと、

なんと消費者金融から借入していたというのです。

 

 

けれど、金額からいうと給料の2回分なら100万にもいっていないだろうと

思っていたら、全部でなんと300万近くの借入がある事が発覚しました。

 

 

その時、いろいろ事件が世間でありますが、私自身がどうすることも出来ないので、

いっその事死んでほしいと思いました。

 

 

時代もまだ今のように法定金利が定められいないので、とにかく金利だけでも

月々払うのが大変で元金を返すなど職を無くした主人になど到底無理です。

 

 

2人目も生まれて、子どもは小学生と幼稚園でまだまだ

これからお金がかかる時です。

 

 

銀行にだって職がない主人にお金は貸してくれません。

 

 

八方塞がりの毎日でノイローゼの一歩手前でした。

 

 

貯蓄も全て使い果たしました。

 

 

結局、仕事には就いたのですが、又すぐに辞めてしまう生活で、

結婚してから職を10回近く変わっているので、当然正社員での働き口はなく、

派遣社員で働いており、ボーナスなどもありません。

 

 

文句を言われながらも子どもを保育園に預け正社員で働いてきた

自分が何とか生活を支えてきましたが、子どもが大学に行きたいと言っても、

貯蓄はなく、 仕方なく奨学金制度を利用して、今は子どもが奨学金を返済しています。

 

 

主人の退職金も貯蓄もない定年間近の私の人生はこれから老いていくだけです。

 

 

せめて認知症にならないように願うばかりです。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ