スポンサードリンク

ある暑い夏フェスでの事件

50代女性の投稿です

 

 

 

数年前のことです。

 

 

その日は友人たちと一緒に、毎年海辺で行われる夏フェスに参加しました。

 

 

その年のフェスはお目当てのミュージシャンが4組も

出演することになっていたので、開演前からハイテンションでした。

 

 

天気も私たちの気分のように晴天で、もはや晴天を通り越して

カンカン照りのとても暑い日でした。

 

 

朝、10時頃に現地に到着し、露店が立ち並んでいるそこはすでにお祭り会場のようでした。

 

 

会場中に音楽が響きわたり、焼きそばやたこやき、アメリカンドッグをほおばり、

音楽に合わせて体が自然に動き出します。

 

 

日焼け止めは万全にして出て行ったのですが、なにしろ暑い。

 

 

汗で化粧もよれよれです。

 

 

その上から、メイクをきれいに塗りなおす気にもなれないので、帽子で日差しをブロックすることにしました。

 

 

上半身はタンクトップにパーカーを羽織っていたので

暑いなんてもんじゃないくらい暑くてサウナ状態です。

 

 

でも、脱いでしまうと恐ろしく日焼けしそうだったので、ひたすら我慢しました。

 

 

汗は滝のように流れ、こまめに水分補給をして脱水症状を防ぐべく、スポーツドリンクをがぶ飲みしました。

 

 

普段だったらこんな状態は我慢ならないはずなのに、楽しくて

そんなことがまったく気になりません。まったく勝手なものです。

 

 

ただ、足はもともと白かったのでこれを機に健康的に焼いてみよう

 

 

短パンをはいていっていたので、そこだけは日に焼くことにしました。

 

 

ですが、なかなか焼けません。

 

 

赤くもならないので強い日差しの中、ほぼ1日当て続けました。

 

 

結果、当然のことながらひどい日焼けに1週間悩まされることになりました。

 

 

真っ赤に腫れ上がって足の太さが通常の1.5倍くらいになり、お風呂に入るのも苦痛、

寝るのも布団が肌に触れるので痛くてたまらず、ろくろく眠れもしません。

 

 

黒かったのが足だけだったので、友人たちからいい笑いものになりました。

 

 

あんな思いはもう二度としたくありません。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ