スポンサードリンク

いじめからの鬱な人生

20代女性の投稿です

 

 

私は小学校の時に自分の体質のせいでいじめにあいました。

 

 

最初はクラスの男子から「気持ち悪い」や「ばい菌が移る」など

沢山の暴言を言われ続け 中学の時も小学校のいじめが終わることがありませんでした。

 

 

クラスだけにはとどまらず、学年のほとんどに噂が広まり 廊下を

歩いているだけで、クスクス笑われたり、わざと通り道をふさいだり、

聞こえるように「死ね」など言われる日々に耐え切れず、 中2に不登校までに追い詰められました。

 

 

毎日学校に行く朝はめまい、吐き気、体の震え、声がでなくなって鬱になりました。

 

 

 

担任の先生や親にはいじめられる原因を問われましたが、

自分の体質のせいだなんて恥ずかしくて言えませんでした。

 

 

それから担任がクラスの全員に私がいじめにあい不登校なんだと言うことを話しました。

 

 

母も「ずっと家にいたら負けた気持ちにならないの?」など

自分勝手なことを言われしぶしぶ学校に行きました。

 

 

みんなの視線や悪口、笑い声は今も忘れられないまま、たまに悪夢

としてみる時もあります。

 

 

 

とても辛い毎日を我慢し続け中学を卒業し、高校は地元から

離れ 私ことを知らない人達の中で楽しい暮らしをしてても、

いじめの時になってしまった鬱は大人になり、社会人して、結婚しても治りません。

 

 

 

鬱事態、ただの甘えや気分の浮き沈みだと周りの人も、

私自身も思っていましたが、 市の子供健康診断に行った時に

「辛そうな顔してる」「しんどそう」と哀れみな顔で言われ

「心理カウンセラーの人今日きてるかからお話ししてみたら?」って言われました。

 

 

 

半信半疑で嫌々行ったのですが「喋るのが下手そう」「子育て向いてない」

「まず鬱治さないと、病気行ったら?」 など自分の心をえぐられる気分でしたが、

鬱の度合いが病気行きレベルなんだと そこで初めてわかりました。

 

 

 

私の人生はほとんど鬱でできていると思います。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ