スポンサードリンク

お金は人を変えてしまう・・・のか。

30代女性の投稿です

 

 

相続争いなどはドラマの中での話だけだと思い自分には関係のないことだと

思っていたのですが、2年前に父を亡くし、やっとひと段落ついたと思った

まさしく今、自分が相続争いにまきこまれることになってしまいました。

 

 

父が亡くなったときは、闘病の末のことだったので生前にある程度

財産の整理を本人が済ませ私たちも納得の上の相続をした・・・はずでした。

 

 

それ以上に父を失ったことの悲しさから、お金でもめるのは父が

悲しむだろうと私は考えていたので相続については何も口を出さずにいました。

 

 

そして、自分ではそれで納得していました。

 

 

しかし、今頃になって兄が金の亡者となってしまったのです。

 

 

というのも、私は独身で今までは東京で一人暮らしをしながら

生活してたのですが、父が亡くなった以降に母も体調を崩していまい

それを機会に私は東京での仕事を辞め地元にもどることにしたのです。

 

 

 

私もちょうど30歳を目前に悩んでいたところだったので

これを期に自分のやりたいことをやろうと思い、実家に戻り資格試験の

勉強を始めることにしました。

 

 

 

それからは母と二人での生活が始まったのですが、

これを快く思わなかった兄はみるみる変わっていきました。

 

 

 

兄は今の私をニートだと思っているようで、私が仕事をやめて実家に戻ってきたのは

母の財産をあてにしていて仕事をしなくても食いっぱくれないからだろと

会うたびに言うようになってきたあたりからおかしいなとは思っていました。

 

 

 

最近では、私がいない時を見計らって実家に立ち寄り実家を

物色するようになり高価そうなものを持ち帰るようになりました。

 

 

 

そして、ついには母が生きているうちに母の財産をなんとかして

全部自分のものにしたいと考えた彼は、母が父から相続した財産を

自分の子供だちの学資保険に使うように勝手に手続きをしていました。

 

 

 

最初は母も困惑していましたが、何度も詰め寄られるうちにうまいこと

言いくるめられた様で私の知らないうちに手続きを終わらせていました。

 

 

 

今までは仲の良い兄弟だと思っていたのに、

今後もどんな手を使ってくるのかと考えると悲しくなってきます。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ