スポンサードリンク

ずっと付き合っていた彼女が最低だった

30代男性の投稿です

 

 

長年同棲していた彼女と別れてから、一緒に住んでいた家の家賃が

滞納していると大家が自分の家にきました。

 

 

別れてから一年経ってから一度も家賃を払っていないことが

分かってショックでした。

 

 

別れる前からお金の事で喧嘩もしていて、別れてからもお金の事で揉めました。

 

 

そのときの金額は6万で、払うといいながら

結局半年間払って貰えなくなかったです。

 

 

そうしてたまたま出会いました。

 

 

向こうは他の男と一緒にいてその男のほうから自分がお金を払えと

しつこくつきまとっていると絡まれました。

 

 

そのときはもうお金を返して貰うことは諦めていたので

めんどくさいことになった程度しか考えてなかったです。

 

 

そのほかにも一緒にいた時にできた借金も払えと言っているといわれました。

 

 

その話しは全くしたことがなっかたのですが、彼女は周りに嘘を

言っていたみたいです。

 

 

そのことで男に誓約書を書かされて、殴られました

 

 

2度と会わないと思っていましたが彼女のほうからたびたび連絡がきて

車が必要だから貸し欲しいといわれました。

 

 

子供のことで使うと言われると断れなかったです。

 

 

こんなことがあった半年以上経ってから

大家から家賃の催促がありました。

 

 

自分は同棲を始めたころに連帯保証人にサインをしていました。

 

 

 

結局その分の滞納した家賃分を払っているのですが、

今は彼女は別の所に住んでいるのですが家賃のほかに強制執行が掛って

家をだされた分も大家から請求がきそうです。

 

 

全部でいくら掛るのかまだわかっていないです。

 

 

このままだといつに払い終わるのかわからないで不安な毎日を過ごしています。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ