スポンサードリンク

まじめ過ぎたことから不幸になった

40代女性の投稿です

 

 

まじめ過ぎたことから、不幸になってしまったことを書いていきます。

 

 

私は、勤労の義務とは、国民の義務のひとつだと、遠い昔、

中学生のころの社会科の授業中に覚えてしまって、それを、馬鹿正直に

40代前半まで、覚えてしまって、仕事を探したり、実際に働いてしまったりしました。

 

 

我慢して、我慢を繰り返してしまって、頭痛を何回も経験してしまいながら、

仕事をしてしまいました。

 

 

不本意ながら、非正規で、一つの仕事を終えては、また、次の仕事を探してしまいました。

 

 

在職中から、期間満了近くになると、ハローワークに仕事の帰り、夕方

疲れながらも寄ってしまい、パソコンの順番を取ってしまい、

仕事を検索してしまいました。

 

 

変に、熱心でした

 

 

今から思えばです。ハローワークの従業員であるおじさん、おばさん、何人もの人と、

知らない間に不本意ながら、顔見知りになってしまいました。

 

 

あちらも、人生経験あるご年配の方々だからか、粘り強く窓口対応を

してくださってしまいました。

 

 

誰かが、もっと早くに、国民の義務という言葉を忘れるように

助言してくれたのならば、あちらも窓口対応をされているのだから、

このような人生経験をしなくて済んだのにと思います。

 

 

今となってはです。

 

 

あちらも、仕事仕事と考えられた方々だったのか、夕方窓口の時間延長をされ、

親切心が過ぎてしまって、今だからそう思うのですが、何枚もの紹介状を出されてしまいました。 

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ