スポンサードリンク

わたしが嫁いだ先は鬼姑のいる地獄だった

20代女性の投稿です

 

 

わたしは22歳で四つ上の彼と結婚。

 

 

当初は、お姑さんもとても優しくしてくれて、わたしがお嫁に

来てくれて本当に嬉しい、と言ってくれていました。

 

 

わたしは結婚したのが2月で、その年の四月から教師として私立高校で働く予定でした。

 

 

同居しようかどうしようかという話し合いで、わたしがフルで

仕事をしてくれたら家のことは全部するし、出来る人が出来ることをしたらいいし、と

言ってもらえたので同居することに決めました。

 

 

それが、わたしの不幸の始まりでした。

 

 

初めは順調に見えた結婚、同居生活でしたが、波乱はすぐにやって来ました。

 

 

旦那と姑はことあるごとに喧嘩をしていて、それは結婚する前からでした。

 

 

わたしは常に、親には偉そうにするな、腹がたっても口の利き方を考えろ、と

旦那には再三言っていました。

 

 

あるくだらない喧嘩で、旦那は姑に向かって、黙れや!こら!と暴言を吐いたそうです。

 

 

そのまま部屋に篭って出てこなかったところに、わたしが帰宅しました。

 

 

絶賛ご機嫌斜めの姑がリビングでむすっと座っていました。

 

 

空気を感じたわたしは、恐る恐る、帰りましたと声をかけました。

 

 

その時、第一声は、今まで見たことないような形相で、あんたが嫁に来たからやろ

あの子があんなんなったんは!と言われました。

 

 

それが、嫁姑問題が始まるきっかけとなる出来事でした。

 

 

初めて本性を見たわたしは恐怖で何も言えずに立っていました。

 

 

もはや、わたしが出会う前から、2人はいつも喧嘩しては暴言を吐いていたし、

それは周りからも聞いていました。

 

 

今更わたしのせいになっていることに驚きました。

 

 

この日はこの暴言だけで済みましたが、これから地獄のような日々が始まりました。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ