スポンサードリンク

ケンカに巻き込まれて殴られたうえに終電を逃した

30代男性の投稿です

 

深夜の終電に乗っていたときのことです。

満員電車の中で目の前の酔っ払い2人が取っ組み合いのケンカを始めました。

酒の席での態度が気に入らないだか、

そんなような実にくだらない内容です。

 

とにかく満員でみんなが密着している中で本当に迷惑だなあと

無視している時に私のすぐ後ろの会社員の男性が

うるせえぞ!迷惑だから降りろ!

と酔っ払いたちを一括しました。

 

すると、酔っ払いは私がその発言をしたと勘違いして

てめえは関係ねえだろ!

と私の顔面にもろにパンチを浴びせました。

 

丁度その瞬間電車が駅に到着して扉が開きました。

そして奥のほうの乗客が

降りろ降りろ!押し出せ!

と言って他の乗客も賛同して押し始めました。

 

しかし、満員電車の混乱の中で、

酔っ払い2人と私を含めた3人が乱闘していると認識されてしまい、

酔っ払い2人と全く無関係の私の3人がホームに突き飛ばされました。

 

そして、無情にも終電の扉はそこで閉まってしまいました。

 

すぐに駅の警備員が飛んできたのですが、

警備員もまた私も乱闘の当事者と誤認して

私の腕を真っ先に掴みました。

 

そしてその隙に酔っ払いの一人が改札に向かってダッシュして、

もう一人も後を追いました。

 

警備員には事情を話してすぐに誤解は解けたのですが、

終電はもう行ってしまい

私は住宅街の周りに何もない駅に取り残され途方にくれました。

 

結局そこから隣のターミナル駅まで20分くらいかけて歩き、

駅前の24時間営業のファミレスで夜を明かしたのですが、

殴られて切れた口の中は血の味がしていました。

 

全く無関係の自分がなんでこんな目に遭わなければいけないのかと、

怒りやら悔しいやら情けない気持ちで

朝までドリンクバーを飲みながら過ごしました。

 

 

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ