スポンサードリンク

一度狂った歯車は・・・

30代男性の投稿です

 

 

私は現在32歳。恥ずかしながら無職です。

 

 

なぜこのような現状なのか、少々自分語りをさせてください。

 

 

すべての始まりは大学2年の時。

 

 

元々私は医療関係に従事したかったのですが、フラフラとして

その気のない兄に代わり次男の私が家業を継ぐことになり家業に

必要な資格をとるための学部へ入学。

 

 

しかし勉強を初めて2年経った頃、兄が突如家業を継ぐと言い出したのです。

 

 

驚くことに親は乗り気でOK。

 

 

元々私は兄と反りが合わず一緒にやっていくことは無理でした。

 

 

その結果親は私に「お前はもう好きなコトしていいよ」と。

 

 

しかし、大学に入り直すにしても学費は自分で賄うように言われたため大学退学後、

一旦就職し学費を貯め23歳にして医療系の専門学校へ入学しました。

 

 

やりたいことを始めた嬉しさから勉学もはかどり、その学校で彼女もできるしと

順調な日々だったのですが、最終学年度に於いて事件発生

 

 

実習先の病院で何が気に入らなかったのか担当先生からの必要なパワハラ、

嫌がらせにあい、さらに不要といえるほどの膨大な課題を課せられ実習に

おいてのその3ヶ月間での平日の睡眠時間が「週」平均5時間。

 

 

つまり一日1時間しか眠れない日々が続いたことで鬱病へ。

 

 

 

学校側まで何故か実習先の擁護をはじめ、最終的に実習担当先生に謝罪を

するよう勧告を受けた時点で完全に心が折れ退学(元々学費に余裕もなかったため

留年はできなかった)。

 

 

闘病期間を支えてくれると思っていた彼女もあっさりと私を

見限り玉の輿にうまく乗る始末(別れた半年後にはもう結婚してました)

 

 

その後は心療内科に通いながら治療を続けたものの思ったより

長引き32歳でようやく社会復帰のめどが立ち始めたのが最近ですが、

鬱抱えながら今更どうしろっていうんだ!? って感じです。

 

 

兄は意外にもちゃんと継いで結婚して家建てて

子供作って親孝行やってます。

 

 

歯車が噛み合わないと人生簡単に終わりますね(苦笑)

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ