スポンサードリンク

不倫相手のストカー行為

40代女性の投稿です

 

 

私は、20代から約10年間会社の上司と不倫関係にありました。

 

 

上司は私よりも20歳近く年上で、3人の子供、奥さま、両親と暮らす本当に

生真面目で仕事ができる男性でした。

 

 

会社では、入社して右も左もわからない私をフォローしてくれたり、

飲み会のあとタクシーで家の近くまで送ってくれるなど、最初のうちは「優しくて頼れる上司」

でしかありませんでした。

 

 

しかし、ある日突然エレベーターの中で「キミのことが好きになってしまった。」と

告白されました。

 

 

不倫は絶対に嫌だったので拒んだのですが、いつの間にか私も心を奪われて

結局はコソコソと付き合う関係になってしまいました。

 

 

私のマンションへ毎日のように来て、駅まで送り届ける日々。

 

 

若いうちはなにも望みませんでしたが、まわりが結婚し出産するにつれて、

私にも「彼と結婚したい」と欲が出てきてしまったのです。

 

 

「妻とはいずれ別れる」と待たされること10年。

 

 

おばさんになった私はようやくバカなことをしていることに気が付き、私から別れをきりだしました。

 

 

納得せず、部屋の合鍵も返してくれる様子がなかったので、思い切って退職し、

なにも告げないまま引っ越しを済ませてしまいました。

 

 

すると、そこから私の悪夢のような日々が始まったのです。

 

 

まず、どこで調べたのか新しい勤務先がバレてしまい、匿名の手紙が届き始めました。

 

 

そして、帰り道に尾行され、ついに引っ越し先がわかってしまい待ち伏せされるように

なったのです。

 

 

私は男の友人にいきさつを話し、しばらく仕事の帰りに送ってくれるよう依頼しました。

 

 

 しばらくなにも起きなかったのであきらめてくれたのだと油断した矢先、マ

ンションの玄関先に隠れていた彼が突然私に殴りかかってきたのです。

 

 

警察沙汰にはしたくないと考え、男友達に助けを求め部屋の中で話すことになりました。

 

 

すっかりノイローゼで、うつ状態になってしまった彼は、「こうなったのはお前のせいだ」と

怒鳴り散らし、私もどうしてよいかパニックになってしまいました。

 

 

すると、男友達が「今、自分たちは付き合っている。これ以上何かしたら、警察とおたくの

職場に通報する。」と言ってくれて、その場はおさまりました。

 

 

やはり、不倫をして奥さまを不幸にした分がすべて自分に返ってきたのだと心から反省しました。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ