スポンサードリンク

仕事のミスを押し付けられて退職

30代男性の投稿です

 

 

ある機械メーカーに中途入社で入りました。

 

 

先輩について3ヶ月くらい仕事をしてなんとなく仕事にも

慣れてきた頃のことでした。

 

 

そのメーカーは割りと閉鎖的な社風で、中途入社の私はあまり歓迎されていないのと、

あまり信用されていない雰囲気があり、早く自分ひとりで仕事を回せるようになりたいと

焦っていたし、周囲にもその意気込みを伝えていました。

 

 

一方上司や先輩にとってはいままでゆるくやっていた仕事に

新しい中途の私が入ることで雰囲気が変わってしまうのを嫌がり、

染まろうとしない私を疎んでいるのをうすうす感じていました。

 

 

そんな時の出来事で、いつものように先輩が手配済みの注文を

私が研修のためにチェックしていると、とんでもない発注ミスを見つけてしまいました。

 

 

要はシステムの入力ミスで、100万円単位のロスを出してしまう大失態です。

 

 

私はすぐさま先輩に報告し、先輩は青ざめながら「悪い、オレがミスった。

部長にはオレから報告するのでお前は何も言わなくていい。」と言いました。

 

 

しかし、1時間後の私に降りかかったのは部長から私への罵倒でした。

 

 

 

「まだ駆け出しの癖にでしゃばってミスをしたのか!」と言われ私は

何がなんだかわかりませんでしたが、傍らにいたあの先輩がばつが悪そうに私に

アイコンタクトしてきたときに気が付きました。

 

 

先輩にはめられたのです。

 

 

先輩は自分のミスを私に押し付ける為に、まだ研修中の身である私が

先輩の目を盗んで勝手にシステム入力を行い会社に

大損害を与えるミスをしたと、部長に報告したのです。

 

 

先輩は勤続10年以上のベテランで、そこそこ仕事が出来る実績を

持っていたのに対し、私は入社3ヶ月のひよっ子でだれも信じてくれません。

 

 

ここで先輩の嘘を糾弾して、全面対決するのが本来だったのですが、

全社員が先輩側に立っている状態で私一人が対抗できるはずも無く、

そのまま私は目を離すと勝手なことをする厄介者として扱われることになりました。

 

 

当の先輩はそれ以降露骨に私を避けました

 

 

結局その状態が耐えられなくなり私は入社半年で

だれからも惜しまれることも無くその会社を退社しました。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ