スポンサードリンク

住宅ローン持ちバツイチ子持ちの30オーバー女

30代女性の投稿です

 

 

バツイチ子持ち32歳で新生活のために一軒家を建てたのに、

7年付き合った婚約者にフラれたこと。

 

 

22歳で子どもを産み、元旦那の借金と浪費癖とワガママに疲れ果て離婚。

 

 

翌年、元旦那とは正反対の寡黙な彼と交際が始まった。

 

 

彼は浪費癖もなく真面目。

 

 

ただ、本当に運のない人だった。とにかく仕事運がない。

 

 

出会った頃は、お給料もろくにもらえないようなバーで働いていた。

 

 

一緒に暮らしだしてからは生活もあるので、何とかバーをやめさせたが

(それでも付き合ってから1年以上は働いていた。もちろん生活費はほぼ私持ち。)、

学歴もないのですぐに就職できるわけもなく、知り合いの居酒屋でバイトをし始めた。

 

 

バイトをしながら「自分のやりたい仕事がある。」とハローワークへ通う毎日。

 

 

お金がなくても、私は幸せだった。子供も私も受け入れていてくれたから。

 

 

3人仲良く暮らせるのなら、質素な生活で少しでも貯金ができればそれでいいと思っていた。

 

 

 ある日、彼のやりたい仕事の会社の募集があり、すぐに受け入れてくれる

仕事先が見つかった。

 

 

でも、バイトの居酒屋の店長に急に辞められても困ると言われ、結局彼は、その会社を諦めた。

 

 

バカか。そんなことがあり、次こそはすぐに就職できるようにと、居酒屋のバイトを辞めた。

 

 

しかし、そんなに甘いもんじゃない。全く仕事が見つからない。

 

 

生活に困り、私はフルタイムの昼の仕事に加え、週2~3回、夜もラウンジで働いた。

 

 

完全に主夫になっていた彼。

 

 

友達には「ヒモ」と言われていた。

 

 

仕事が決まらないストレスも大変なものだろうと思い、私は彼を責めたことは一度もなかった。

 

 

極力笑顔で過ごし、自分なりに頑張っていた。

 

 

でも、その生活は半年を超えた。

 

 

私は過労とストレスで、原因不明の高熱と全身に蕁麻疹が出る症状に一週間以上襲われた。

 

 

それに焦った彼が、急いで決めた昼間のパートの仕事。

 

 

彼のやりたい仕事ではなかったけれど、私はやっと落ち着いた生活ができると思い、

素直に嬉しかった。高熱と蕁麻疹はすぐに消えたw

 

 

ここまでに5年。ここからいろいろあって、一度別れたけれど、

彼からの猛アピールで復縁。プロポーズを受け、受け入れた。

 

 

浮かれた私は、マイホーム購入を考えた。

 

 

それに向けて着々と準備をしていった。

 

 

ローンが通り、家の壁紙や内装、外壁などの相談もしたけれど、彼は何も言わなかった。

 

 

反対するわけでもなく、賛成することもなかった。

 

 

家が建ち、引っ越し準備の頃から彼の様子がおかしかった。

 

 

私が怒る行動ばかりする。

 

 

長年一緒に居たから、私が怒るポイントも熟知していた彼。

 

 

そのポイントを突いてくるかのような態度。

 

 

そして、携帯を肌身離さず持つようになった。

 

 

お風呂に入るときでさえ、脱衣所に持っていく。

 

 

完全にアウトだったけど女性関係は100%信頼していたから、

問い詰めることもしなかった。

 

 

そんな中、態度の悪い彼にブチ切れた私

 

 

一度距離を置くことになった。

 

 

あとから考えると、私から別れを切り出してもらうためにあんな態度を取っていたんだろう。

 

 

そして、疲れ果てた私は別れようと決意した

 

 

バツイチ子持ちで住宅ローンを抱えた30オーバーの女を、受け入れてくれる男性なんて

この先いるはずないと、当時は本当に落ち込んだ、私の不幸話。

 

 

翌年、その彼がパパになっていたという、おまけの不幸話も付け足しておく。

 

 

ちなみに、今は結婚もして可愛い女の子も生まれて幸せ。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ