スポンサードリンク

夢があったけど、日々に追われる

40代女性の投稿です

 

 

私の家には、スチュワーデス予備校の赤本が置いてありました。

 

 

といっても、私自身が、書店で買って帰ったからです。

 

 

何度も、ぱらぱらと眺めました。

 

 

先に合格された方々の体験記は、好きな記事で何度も読みました。

 

 

文章の横には、白黒ではあったのですが、美人、きれいな人、表情に温かみのある人、

チャーミングな表情の人の写真が掲載されていて、写真だけでも、何度も楽しめました。

 

 

ページを進めていくと、本の真ん中には、過去の筆記テストの問題が幾つも、

掲載されていました。

 

 

ぱらぱらと、めくったり、簡単な問題は解いたことがありました。

 

 

今となっては、努力が足りなかったかもしれませんが、当時の私には、

アルバイト先で、ぐったりと疲れてしまって、自信がなかったのだと思います。

 

 

ホテルの仕事は、アルバイトと言えど、想像以上に体力的にしんどい内容でした。

 

 

高価な急須が、幾つも並んでいて、温かいお茶を作り入れていきます。

 

 

私が、お茶を作ると、少しずつ色が違ってしまうのでした。

 

 

作り直しをしていると、先に入れたお客様に出すつもりの程よい色のお茶が、

冷めてしまって、結局、作り直しとなってしまいました。

 

 

お茶をお客様にお出しする前に、時間がかかってしまいました。

 

 

グラスも、なんどか、割ったことがありました

 

 

悪気は、まったくありませんでした。

 

 

ホテルの高価なグラスは、薄いグラスでした。

 

 

水滴をすっかりきれいに拭くつもりが、パリッと勢いよく割ってしまいました。

 

 

後片づけに、ほうきを取ってきました。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ