スポンサードリンク

夢の社会人生活は甘くなかった

20代女性の投稿です

 

 

当時はかなりの不幸話にされました。

 

 

新卒で憧れのブライダル関係の仕事に就いた私。

 

 

第一志望の企業だったので、意気込みもばっちりでした。

 

 

しかし、憧れが強いため企業に入った時のギャップはすさまじかったのです。

 

 

まず、同期と全く性格が合いませんでした。

 

 

私は不器用な性格ですが、器用で要領の良い同期たちは浮気三昧。

 

 

挙句、なぜ私に浮気をしないのか?と問い詰めてきました。

 

 

そんな同期に心を完全に開くことはできませんでした。

 

 

また、結婚がきまり幸せ絶頂のカップルのお手伝いをします。

 

 

自分の恋愛がうまくいっているときは、夢が膨らみ楽しいものでした。

 

 

しかし、当時付き合っていた彼とは遠距離。

 

 

しかも休みは合いません。 それでも長年付き合ってきたため、

乗り越えられると思っていましたが、彼が浮気

 

 

電話で一方的に別れを告げられました。

 

 

そんななか、カップルの結婚のお世話をするのは拷問でした。

 

 

結婚願望が強かったため、いつかは私も…と夢を見ていましたが、

まだ結婚しないの?と悪気なく担当のお客様に聞かれることもしばしば。

 

 

そのうえベテランの先輩が立て続けに遠距離の彼氏を追いかけるよう、

急に辞めていきました。

 

 

人手が足らず、帰りは終電。

 

 

もちろん間に合わないこともしばしば。

 

 

ビジネスホテルに宿泊していましたが、ホテル代もバカになりません。

 

 

ヘルプで関東の支社から来ていた先輩は、とてもわがまま。

 

 

彼がこちらに休みをとって会いに来てくれているとうきうき。

 

 

かと思えば急に生理になったと、私に電話を投げつける始末。

 

 

私が生理にしたわけでもないのに…。

 

 

都心のビジネスホテルの支払いは苦しいため、私はいよいよひとりで

ラブホテルに泊まることになってしまいます。

 

 

体調を崩し辞めることになりましたが、契約が切れていないから、

と会社に契約解雇の支払いまで要求されました。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ