スポンサードリンク

失われた10年

40代女性の投稿です

 

 

私が、自分自身について、不幸に思うことについて書きます。

 

 

それは、1990年代、失われた10年のころに就職活動を

してしまったことです。

 

 

今は、40代前半となりました。

 

 

2年前に、アルバイト先で親しくさせていただいた年上の方から、

ばか正直である。」と言われたことがあります。

 

 

まさに、そうで、20代前半の頃から、大不況が続いてしまっている中、

私は、このような性格であってしまうため、ばか正直に就職活動を続けてしまったのでした。

 

 

「何がしたいのか?」大人たちは、そう言いました。

 

 

何がしたいのか、ぼやけていました

 

 

成りたいものは、当時の私にもありました。

 

 

がしかし、真っ直ぐにその願い事には、向かえませんでした。

 

 

簡単に言えば、自信がなかったのです。

 

 

老舗のホテルで、採用が決まった時は、アルバイトであっても、嬉しかったのですが、

仕事が終わるとぐったりとして、夢にはむかえきれませんでした

 

 

上質なお皿を何枚も重ねて運ぶと、とても疲れていました。

 

 

私は、何度も、その制服を汚してしまって、何度もクリーニングに

出してしまうことになりました。

 

 

意外と、どんくさいのです。

 

 

当時の私が成りたかったものは、スチュワーデスでした。

 

 

もっと子供の頃は、スチュワーデス物語を、テレビで何度も見ていました。

 

 

スチュワーデス予備校にも、通ってはいませんでした。

 

 

スチュワーデス予備校の説明会には、出たことが、学生のころにありました。

 

 

なぜ、通わなかったのか、それは、短大の授業との両立に

自信がなかったからだと、思います。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ