スポンサードリンク

子ども欲しがり過ぎの結果 

30代女性の投稿です

 

 

よくある話ですが、姉の話です。

 

 

十数年前、年の離れた姉が出来婚、臨月で死産(へその緒が首に

巻き付いていたそうです) それ以来、数回の流産・想像妊娠を経て

ようやく6年後に念願の出産。

 

 

その子を妊娠するまでの執念が怖かった。

 

 

元々ヒステリーを起こす人だったけど、生理が来る度に実家に

帰ってきて、 喚きながら壁を殴るの当たり前。

 

 

横を通れば親だろうがなんだろうが893なみにイチャモンをつける。

 

 

何も分からない犬にもしっぽを踏んだり、脇をけったり。

 

 

テスト勉強してれば「気楽で良いわね」と、気が済むまで

部屋に居座って自分が如何に不幸か、同じ話の繰り返し。

 

 

最後の方は、「旦那は種馬。子供さえ出来れば後はどうでも良い」。

 

 

お義兄さんも疲れ切って、自分でも種馬の気分でいたみたい。

 

 

「お前がそこまで欲しがるから協力するけど、子どもが

高校上がる年には定年だから 稼ぐためには子育てには参加できないよ?」と

ライフプランについて 話し合おうとしていても、「子ども、こども」 話にならないんだもんね。

 

 

出産日にも病院にこなかったよ。

 

 

産まれてからはよりいっそう子ども。

 

 

子ども中心の生活になるのはわかるけれど、お義兄さんはいないもの

扱いだったみたい。

 

 

最後に会った時は 「子ども中心なのは構わないけれど、

顔を合わせても声をかけても見ないふり、 同じ部屋にいるのに

会話は必要最低限の業務連絡が書かれたメールのみ。 これはキツかった」 って泣いてた。

 

 

その子が3歳時検診で引っかかったんだ。

 

 

保健婦さんから、 専門医に見てもらえって。怒り狂った電話がかかってきたよ。

 

 

「私(姉)は幼稚園教諭だったからわかる。これは問題ない!

保健婦がおかしい!」 結局、就学前検診で小学校の方から検査を

受けてくれないと受け入れ先が決められない と言われて渋々脳波検査。

 

 

自閉ぎみの精神遅滞。 姉また発狂

 

 

「こんなの私の子じゃない。種が悪いんだからお前のせいだ!責任取れ!」 って

お義兄さんに叫んでたけど、ろくに抱っこもさせてもらえない、

顔も合わせてもらえないから、父親としても認識されてないのにどうしようもないよね。

 

 

結局離婚。実家の親が全力で育児。

 

 

姉は子どもから逃げるように生活。 養育費はもらっていたけど、

面会させない。(父親ってわかんないしね) その子が中学生になった頃、

お義兄さんが再婚した。

 

 

般若が能面になった。 最近その子が私に言うんだ。

 

 

「僕が家にいないとお母さん、幸せ。早くグループホームに入ってね。」 って

姉に言われるんだって。

 

 

あんなに欲しがってた子供なのにね。なんなんだろうね。

だから「子どもが欲しい」って言ってる人が理解できない。

 

 

理解したくもない。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ