スポンサードリンク

彼の火遊びで私が性病にかかった話

20代女性の投稿です

 

 

私には、同棲を初めて1年ちょっとの9歳も年が離れた彼がいます。

 

 

性格は内弁慶な所があり、二人きりになると少し子どもっぽくなる彼が

私は大好きでした。

 

 

私は彼を信頼していたし、彼もきっと私を信頼してくれていると

そう信じて止まなかったのです。

 

 

セックスは週に3回ほどでした。

 

 

彼とのセックスは、とても濃厚で次の日は少し体がだるくなってしまうことも

しばしばあったので二日に一度はセックスをしない日を作らないと

日常生活に支障をきたすと思いこの回数を二人で設定しました。

 

 

確かにこの時、今思えば何か不満そうだったなあと思う事もあるのですが

この時は気づくことが出来ませんでした。

 

 

秋も深まってきたころです。

 

 

私はおりものに少量の血が混ざっていることに気が付きました。

 

 

もしかしたら昨日のセックスが激しかったのかな、と思いつつ、

次の日もまた鮮血が出ていることに気付いておかしいな、と思っていました。

 

 

そして、極め付けといいますか、その日あたりから挿入されると

鈍い痛みを感じるようになりました。

 

 

なんだか怖いなあと思っていたので職場の先輩に相談してみることにしました。

 

 

そうしたら、もしかしたら性病の可能性があること、がんの可能性があることを指摘されました。

 

 

まさか、そんなこと。と、思いつつも女性クリニックに行き検査をしてみると

なんとクラミジアに感染しているというのです!

 

 

私はもちろん浮気なんかしていませんししようとすら思いません。

 

 

そうだとしたら、原因は彼しかいませんでした。

 

 

問い詰めていいものか、悩んだもののこれでもしかれがクラミジアに

かかっていることを知らなかったら完治してもまた再発してしまうかもしれません。

 

 

悩んだ末に聞くと彼はデリバリーヘルス店に赴いていたそうです。

 

 

もう、なんて言ったらいいのかわかりませんでした。

 

 

それ以来、私は、彼に月1で検査してもらうようになりました。

 

 

正直・・・もう彼には抱かれたくありません。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ