スポンサードリンク

心が折れそうな出来事

30代女性の投稿です

 

 

高校を卒業して新卒で入った会社は、とてもキレイなオフィスで

社長はとても仕事が出来る人でした。

 

 

会社に社員が5人居て、同じく新卒で入った同期は2歳上の専門学校を卒業した男の人でした。

 

 

高校卒業したばかりで会社の事はもとより、社会の事も分からず、

ただ上司達が教えてくれる仕事を必死で覚える日々でしたが、仕事や会社の雰囲気にも慣れた頃、

ある男性上司の態度が変わり始めました。

 

 

最初はイスの背もたれを手で思いっきり叩きつけて、無言で昼食を食べ始めました。

 

 

急な出来事だったのと、30代前半のいい大人が怒って

そんな行動をとるのが信じられませんでした。

 

 

その後は同期入社の男性をターゲットにしていましたが、

1年経つ頃にはノイローゼ気味になり退社

 

 

次のターゲットが私になりました。

 

 

異常に厳しい指導で、仕事を間違えると「なぜ、こんな処理をしたんだ?」と

ダラダラいつまでも怒られ、正しい処理が分からなければ「勝手にしろ」と言われました。

 

 

「○○の机の回りが一番汚い」「顔なんとかしろ!ニキビだらけだぞ」

「今年の新入社員より使えないな」「ちょっとデブじゃない」挙げたらきりがないくらいの

言葉を言われました。

 

 

無視なんか当たり前で、私が居る場所には近づこうとしません。

 

 

こんな状態が6年ほど続き、入社2年目には過敏性腸症候群になり、

胃潰瘍で胃カメラ検査をしたこともあります。

 

 

飲み会では愚痴を言われ、過呼吸になりました。

 

 

5年目くらいからは外出すると立ちくらみで、歩けず立っていることも

辛くなってきました。

 

 

お腹には常にガス溜まりがあり、頭痛と吐き気が伴いました。

 

 

仕事にも支障が出てきたため、社長に事情を説明しました。

 

 

当時結婚を前提にお付き合いをしていた人が居たので

「寿退社まで頑張って欲しい」と説得され、働く環境の条件付きで数ヶ月働きました。

 

 

あれから10数年たちますが、過敏性腸症候群の症状は完全に治っていません。

 

 

上司が乗っていた赤い車を見ると苦しくなったり、当時の仕事に

追われている夢を見て起きると、動悸息切れでしばらく起き上がれません。

 

 

あの苦しみに耐え抜いたから、と今はある程度の事には心が強くなりました。

 

 

しかし、経験して良かったと思える出来事ではありませんでした。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ