スポンサードリンク

旦那が31歳の若さで胃がんになったこと

30代女性の投稿です

 

 

私の旦那は31歳という若さで胃がんになりました。

 

 

それまで胃の不調などを訴えている時期はありましたが、

病院に通っていて胃炎だと診断されていて安心していましたが、

胃の痛みが強くなり胃カメラ検査を再度受けてみると

胃がんだということが分かったのです。

 

 

当時私は31歳で1歳半の子どもを一人抱えていて、

晴天の霹靂というか衝撃を受けました。

 

 

旦那はすぐに色々な検査をして手術をするために入院になり、

胃がんがわかってから半月後には手術を行いました。

 

 

何が何だかわからない日々で、夫が死んでしまうかもしれない、

この先どうしようという絶望の中をさまよいました。

 

 

夫のがんは初期がんではなく、ある程度進行したがんということで、

手術をしてみないとわからないけれども、先に抗がん剤治療などの

可能性もあると言われました。

 

 

結果的に手術をしてステージ2で末期がんではなく、2ヶ月半の入院期間を

経て仕事に復帰しました。

 

 

不幸中の幸いだったのですが、30代で胃がんを担当したのは

執刀医の長い勤務経験のうち3人目ということで、なぜこんな若さでと思いました。

 

 

子どももまだ小さかったのでどうしようという気持ちで

私は悲しみの底をさまよい、子どもの笑顔や成長だけが支えとなりました。

 

 

今は再発することなく経過していますが、5年経つまでは再発の可能性があり、

再発=近いうちの死と言われているので怖いなと思っています。

 

 

5年経過するまであと1年、無事であることを祈るのみです。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ