スポンサードリンク

束縛男との悲劇!無駄にした私の最後の10代

かなり束縛の激しい彼氏とお付き合いしたときが不幸でした。

 

大学生の私を

「大学はどんな出会いがあるかわからない」

と心配してくれたのはいいのですが…。

 

「入学祝に」とプレゼントしてくれた携帯電話。

彼氏しかわからないようにGPS機能がついていたのです。

 

授業が終わり、駅に着くとすぐに彼氏から電話。

「なんでもう学校出ているのに連絡がないの?駅まで誰と帰ったの?」と…。

 

その後も女友達と遊びに行っても、少しでも事前に報告していた場所と違うところにいたら

すぐに電話が来るようになりました。

 

また、服装に関してもかなりうるさく、露出は絶対にNG。

 

特に冬場はハイネックのニットとジーンズで必ず大学に行くように指示されてしまいました。

 

それも、服装をチェックするために大学に行く前にわざわざ私の家に迎えにきます。

「足首が出ているから着替えて」と言われたこともありました。

大学から帰るときは必ず彼氏の家の最寄り駅に行かなければいけません。

 

彼氏の家で大学の課題を毎日していたのですが、その間は必ず携帯は取り上げられます。

その間に来たメールは彼氏がチェックをし、

なかには勝手に遊びの誘いを断る返信をしていたこともありました。

 

初めての彼氏だったため、

「お付き合いするとはこういうものなのか」

と変に納得していた自分がいました。

 

もちろんサークルに参加も絶対にNG。

男の子がいなくてもクラスの飲み会はNG。

 

同窓会なんてもってのほかです。

 

もちろんそのため、高校生から仲良くしていた友人を一気になくしてしまいました。

「彼に会いたくない。けど怖くて別れられない。」

と悩んでいた時、

 

 

なんの前触れもなく彼氏が浮気した女の子を妊娠させてしまい、

ふたりは結婚。

 

私はあっさりフラれてしまいました。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ