スポンサードリンク

海に行って、携帯紛失

30代女性の投稿です

 

 

お盆休みに、子供達を連れて家族で海に行きました。

 

 

海は、私自身初めてでしたが、とても楽しかったです。

 

 

穏やかな波のある場所ではなく、少し荒れた場所の方が楽しい、と主人がいい、

少しだけ波の高い砂浜で遊びました。

 

 

はじめは、私はテントの中に居たのですが、足場がかなり暑くなってきたので

私も海に入ることにしました。

 

 

普段から、私はスマホをあまり手放さないタイプで、その日も主人に

ポケストップがたくさんあるよ、と話をして歩き回ったりしていました。

 

 

主人は、普段からあまり携帯は外では触りません。

 

 

その日も、コンビニで買ったタバコなどが入った袋に携帯を入れていました。

 

 

私はちょっとトイレに行ったりするだけでも距離が稼げるかな?と、

ポケットに入れて歩いたりしていました。

 

 

海に入るために、水着に着替えて遊びました。

 

 

子供達が、波にのまれたりを何度か繰り返していたら、とうとう怪我をしてしまい、

もう遊ぶのをやめると言いだしたので帰ることにしました。

 

 

荷物を全て片付けして、もとにいた場所に忘れ物がないかを

チェックしてから、ゴミを捨てて車へ戻りました

 

 

隣県とはいえ、100km以上離れた場所へ遊びに行ったので、

帰りもなかなか時間がかかりました。

 

 

途中、私は眠くなり寝てしまいました。

 

 

ふと起きた時には、あと少しで家に着くというところでした。

 

 

時間も遅くなっているし、どこかでごはんを食べようと、お店に寄りました。

 

 

 

お店に入る前に、主人が「俺の携帯は?」と。 車の後ろにあると思う、

と返事をしながら、携帯を鳴らしてみるけれど音がしない。

 

 

まさか、と思い、検索機能で居場所を探すと、先ほどの海水浴場に

 

 

急いで海水浴場に電話するも、17時を過ぎており、詰所にだれもいません、と。

 

 

記憶を頼りに、そうだ、ゴミ袋に入れていて、そのまま捨てたんだ!と、思い出しました。

 

 

電話した先の方は、職員さんを現地に派遣してくれましたが、

ゴミはすでに回収されてしまっており、収集場ととかに問い合わせても、きっと見つからないし、

回収の時点でバキバキになってると思います。と、言われました。

 

 

食事をしながらがっかりしてしまいました。

 

 

自分の爪の甘さが原因で、無くしてしまった携帯は戻ってきません。

 

 

そして、新たに購入しなくてはならない無駄な出費も辛かったです。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ