スポンサードリンク

私は母にとってなんなんだろう・・

20代女性の投稿です

 

 

私の母についてのお話をします。

 

 

私には妹が1人おり、2人姉妹です。

 

 

そんな娘2人を持つ母なのですが、驚いたことに、結婚して

私たちを設けてた後しばらくしてからようやく、子供という存在に

興味を持ったそうです。

 

 

そのため、喧嘩の絶えない両親が言い合いをしているさなかでも

「あんなのは私の子ではない」と、話し合いをしている部屋から

聞こえてきた時は、まだ4~5歳ながらとても心に傷をおいました。

 

 

また、母の父親が厳しかったということもあり、母も「真似」を

したようなしつけ方法で、「母」にとって都合の悪いことは「しつけ」として

体罰を受けることが多くありました。

 

 

具体的には、「家事を手伝って」に対して、自分のことを優先させたいときに

「今ちょっと無理」というと、「ほっぺを出しなさい」と言われ目をつむった直後に

おもいっきり平手打ちをされるというものです。

 

 

また、もしその時よけようとすれば、「避けようとしたから両頬ね」と、

順番に2発叩かれます。

 

 

まだ小学校に入る前だったのですが、子供ながらに「無理のあるしつけだな」と

感じていました。

 

 

四六時中家事の手伝いを拒否しているわけではないのに

、1度断っただけで体罰を受けるので、私にとって母親は

中学校を卒業するあたりまで「母親」ではなく、「怖い人」でした。

 

 

そのため、大学に入る手前までは、母親の言うことをすべて「はい」とのみ

返事するようにしていたため、自分にとってなにが良くて、

何が嫌なのかの区別がつかなくなり、

自分が何を考えているのかもわからなくなり、精神的にすごく不安定な子供時代を過ごしました。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ