スポンサードリンク

自転車での怪我と古いレントゲンの機械

50代女性の投稿です

 

仕事を終え自転車で家に帰る途中で、

いつも夕食の買い物をします。

 

その日も買い物が終って自転車のかごに買い物をしたのを入れて、

自転車に乗って家に向かいました。

 

道路に、ススキだと思うのですが、

枯れてるような感じで弧を描く様に垂れ下がって飛び出していました。

 

それを避けるためには道路の真ん中に行くようになるので、

後ろから車が来ると危ないし枯れてる細い草みたいだから

そのまままっすぐに通っても大丈夫だと思ったのです。

 

その瞬間、私は自転車に乗っていたのにも関わらず、

つんのめるようになり前へ放り出される様な感じで

道路に叩きつけられていました。

 

一瞬何が起きたかわからなかったです。

 

あとでわかったのですが、そのススキが回っている車輪の中に入って

急停止したような感じになったんだと思いました。

 

左顔面と左手の親指側を固いコンクリートにぶっつけたのです。

 

眼鏡をかけていたので左のレンズはずれてしまって

濁った感じになり見えません。

 

左頬もすれてひりひりしました。

買い物したものは水は入っていない下水に袋のまま落ちていました。

 

そこに丁度軽トラにのってきた男性のかたが止まって降りてきて

大丈夫ですか?

と自転車を起こしてくれて、買い物したのも拾ってくれました。

 

かごに入れようとしたのですが、

かごの左側が変形してしまい入らなくて、

その方が手で直してくれてなんとか入りました。

 

私はもう恥ずかしくて

ありがとうございました

と簡単にお礼を言って自転車を押しながら家に帰りました。

 

そのかたにもっとちゃんとお礼をしたかったなーと思いましたが、

その時はそれどころじゃなかったです。

 

そして家に帰ってきてから、

眼鏡見えないし前使っていたフレームが壊れて

セロハンテープで付けてあるのなんですが、

無いよりましだからその眼鏡をかけました。

 

左手の親指の付け根が痛くて、

近くの個人の整形外科に行きました。

 

レントゲンをとってもらい

打ち身だから、湿布をしているように

と言われました。

 

2週間以上経っても痛みはとれなくて

違う整形外科に行きましたら、複雑骨折していて

その時すぐだったら手術だけど、少しくっつき始めてるから

それも少し変な風にくっつきそうになっているので、

ギブスをしてなるべく元に戻してくっつくようにしましょう

となりました。

びっくりでした。

 

最初の整形外科に行って、

レントゲンの撮ったのを借りてきてそこの整形外科に見せましたら

なんだーこのポチポチは・・古い機械なんだ。写りが悪すぎる

 

と言われていました。

怪我しただけでもショックなのに、

変ないわゆるやぶ医者に捕まってしまったことにもショックです。

 

そして今もまだ、普通の生活は出来ますが、

風の強い日など傘を持ってさしているとか、

自転車の左ハンドルのブレーキをかけるとか、

早い話し左手は力を入れて握るという事が出来なくなりました。

 

 

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ