スポンサードリンク

航空便のトラブル~の成田離婚

30代男性の投稿です

 

 

1年間付き合った彼女とめでたくゴールインして、親族だけの

ささやかな結婚式を挙げた後、南太平洋の楽園タヒチへの

ハネムーンを計画しました。

 

 

お互い新婚ほやほやの浮かれた気分で準備を済ませ、

後は翌日の飛行機に乗って地上の楽園で2人きりの天国のような

時間を過ごすだけのはずでした。

 

 

ところが前日になって旅行会社から電話が入り、予約していた12時間の

直行便が器材トラブルで欠航になり、次の直行便は3日後までない、

最も早く行く方法はロスアンゼルスまで10時間で行ってそこで乗り継ぎして

10時間乗ってタヒチに行くというものでした。

 

 

他に手段がないので妻に連絡してそのプランを採用しました。

 

 

クタクタになりながらの長時間フライトで、しかも乗り継ぎの飛行機が

2時間遅延して現地に到着したのは24時間後でした。

 

 

それだけならそこから切り替えてリゾートでのんびりできるのですが、

妻の荷物は届いたのに私の荷物だけロスアンゼルスに置き去りにされていたのです。

 

 

私の荷物に、リゾートでの水着やらも入っていたためか、疲れからか、

相次ぐトラブルに奔走している私の姿を卑屈と捉えたからか

妻の機嫌が最悪になってしまいました。

 

 

それからは、レストラン選び、お土産屋さん、移動の交通手段、何を取っても、

些細なイレギュラーごとに私が頼りないからだ、私といると

いいことがないとケンカばかり

 

 

私はせっかくのハネムーンなんだからとにこやかに

過ごそうと勤めますが逆効果で、いつもヘラヘラしている

私とこれからの結婚生活が不安だと完全にふてくされてしまいました。

 

 

結局何ひとつ楽しいことがないハネムーンが終わると彼女は

疲れたからといってそのまま実家に帰宅し、実家では

自分の都合の言いようにしか親戚に話さなかったことから、相手方の親戚からの私の評価が、

ハネムーンも満足に出来ない男とこれからの結婚生活がうまく行くわけがない。

 

 

に、確定してしまい、弁明の余地もないまま新婚生活よりも

長い離婚交渉を経て僅か半年の結婚生活が終わりました

 

 

最悪としかいいようがありません。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ