スポンサードリンク

負は負で終わる人生

不幸の連鎖ばかりの人生です。

34歳女性シングルマザーです。

 

高校を卒業してから食品関係の工場に正社員としてお勤めしましたが、

同僚に彼氏を取られ、結婚までされました。

 

私自身純粋だった頃でしたので、

男性経験がなく同僚に彼氏をとられたのも

彼女が垢ぬけた女性だったかもしれないと思い、

正社員を辞め夜の業界に入ろうと試しにお勤めしました。

 

男性と会話を上手になれば男性不信もなくなると思って、

約3年程お勤めしました。

そこでお客様として出会った彼氏と出来ちゃった結婚をすることになりました。

 

当時、その頃の彼氏とは別れた後の妊娠発覚でしたので、

お腹に宿ってると知り、連絡をしましたら産む方向へと進んでいきました。

 

何度も堕ろそうかと思いましたが、

やはり命を大切にしたいと思いましたし、

彼氏を好きな気持ちもまだ残っていたので産みました。

 

そして2年後に更に子供を授かり、

さらにその1年後には別居といった人生であります。

 

妊娠をしたあの頃から人生が狂ったと思いましたが、

女性のすべての望みが無くなったと感じました。

 

ウェディングドレスも着れず、

結納も、

旅行も、

何もかも出来ませんでした。

 

バタバタ両親のあいさつから籍を移しただけであります。

 

別居期間を4年程子供達と一緒に暮らしながら働いていきましたが、

親権を頑固と譲らない旦那に、

弁護士を立てなくては身体も心も持たなくなりましたので、

大金をかけざるを得なく、

それでも下そうと思った私の考えは間違ってたと改めて痛感しました。

 

この子たちが居て私が頑張れると思いました。

 

別居5年目に入る頃、離婚が成立し、

安定した生活を迎えることが出来ると思いましたが、

仕事のハードさと自身の病気もあり内職を強いられ

夜の業界へ戻ることとなりました。

 

一番純粋だったあの頃に戻ってる今、

この子たちを幸せにしないといけないと思いながらも

負の連鎖は止まらず支払いに追われております。

 

身体を捨てることもありますし心を売る事はしませんが、

負を止める体力はありませんね。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ