スポンサードリンク

責任と努力を知らない父親の話

20代女性の投稿です

 

 

私の父親の話をします。

 

 

私は今24歳なのですが、私が物心ついたころから、転職を繰り返し

今56歳なのですが、2年程前にも転職したため、収入が20万あるかないかです。

 

 

しかも、転職の動機は、「上司に怒られた」や機械部品の製造なのですが、

不器用で動作が遅いためいつまでもうまくならず、「できないから」と辞めることを

繰り返していました。

 

 

父はやんちゃな人だったらしく中学で学校を中退し、そこから仕事を転々としていたそうです。

 

 

父が31の時に母と結婚したそうなのですが、それまでの1人ぐらしのペースが

身についたまま現在に至り、収入を増やす努力もせず、10言われれば10だけやる仕事方法で、

向上心もなく、将来の年金に関しても無計画です。

 

 

そんな父なのですが、私たちの家は持ち家です。

 

 

父も母も金勘定ができないにもかかわらず、銀行から借りれたからとの理由だけで、

まるで服を買うように家を購入しました。

 

 

家の購入はお金にルーズな母親が中心に決めたことなのですが、

父はいつまでたっても「あれはお母さんが決めたから、俺はこれ以上何かをする

必要はない」と言いきります。

 

 

そのため、家がカツカツの生活でガスが止まった時も、「俺は仕事をしている、

これ以上は無理」との一言で、少しでも給料が上がるよう努力したり、何かを

節約するといった「努力」はまったくなしです。

 

 

しかも、この家にはローンが75歳まであります。

 

 

転職も繰り返し、年金もろくに支払っていないのに、物理的に考えても老後の

返済はほぼ不可能です。

 

 

ですが本人は今、「お酒と野球観戦」ができればそれでいいと、先のことも考えず、

相変わらず「1人暮らし分」の給料に満足し、一家5人の主としてその立場を維持しています。

 

 

同居している私の祖母は、母方の祖母で、家が苦しいときはよく父親から

「自分の母親にはもっと貯金があったけど。。。」と嫌味を言います。

 

 

普通、義理の母親にこんなこと言いませんよね。

 

 

俗にいう「親不孝、子不孝」という、責任も努力もない存在はこういうことをいうのでしょうね。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ