スポンサードリンク

酷い父親?拒食症?病気人生継続中

30代女性の投稿です

 

 

自分勝手で他人に厳しい父親、父親に逆らうことのできない

母親のもとで育ちました。

 

 

父親は酒に酔って怒鳴り散らしたり暴力を振るい続けるわけではなく、

亭主関白?DV男のグレーゾーンのような人です。

 

 

私や弟が幼いころから、泣き声や笑い声をあげるだけで叩かれることは日常。

 

 

しかしそれ以上に嫌だったのは、私や弟のいる前で母にセックスを

強要することでした。

 

 

私は今30歳ですが、男性恐怖症は抜けません。

 

 

私は小学校、中学校とオールAの成績でした。

(ほぼオールBだった弟は怒鳴り散らされたり、殴られもしていました)

 

 

私は学区外受験をして神奈川で一番偏差値の高い高校を

狙うように言われましたが、当時の制度では神奈川県の各高校では

学区外受験での入学人数を絞って(全入学生の5?8パーセントくらいだったと思います)の

募集だったこともあり、その高校には不合格となりました。

 

 

学区内ではトップの高校に入ったものの、父からの貶され方は酷く、

「馬鹿・阿呆」に加え、当時とりわけ太っていたわけではなかった(161センチ52キロ)にも

関わらず、「デブ」の罵声まで受けることとなりました。

 

 

父を見返してやろうと必死で勉強し、高校では常に学年一位の成績を取るとともに

ダイエットも始めました。

 

 

ここから本当の悪夢の始まりです。

 

 

高校2年で拒食症になり、入院しました。(35キロまで落ちました)

 

 

幸い(当時の私としては)入院が夏休みとかぶったため、早く学校に行って

勉強して成績をとらないと、と、40キロになったら退院とのことだったので、

同室の入院患者から食事を貰ったり、買ってきてもらったりして無理矢理1ヶ月半で

40キロに戻し退院しました。

 

 

しかし退院後、40キロをキープしたいものの過食症になってしまい

60キロまで太りました。

 

 

うつの症状も出て、勉強に集中できなくなったり学校に行けなくなったりしました。

 

 

国立の大学を目指していましたが、受験できる状態ではないことは

母親・教師はわかっていたため、指定校推薦で有名私立大学に入学させてもらいました。

 

 

学費は幸い母方の祖父母がもってくれました。

 

 

大学もうつ症状や、入院までではない程度の拒食・過食を繰り返し

2年留年しました。

 

 

高校3年からは祖父母の家で暮らしていましたが、祖母の急逝と

祖父の認知症発症により、大学では1人暮らしをしました。

 

 

その間、弟が統合失調症を発症し、我が家は精神病院のような状況でした。

 

 

母も拒食症ではありませんが42キロまで痩せ細り、食べても太ることができなくなりました。

 

 

今は実家を離れてなんとか会社員をやっていますが、食行動異常はほぼなくなったものの、

精神の不安定さは続いており、休職を繰り返しています。

 

 

次に休職(2週間以上の病欠)をしたらクビと言われているため、

必死で会社に通っていますが、つらいです。

 

 

友達もほぼいません。

 

 

死んでもいいと思いますが、父と同じ墓だけはやめてほしいので、

あらかじめその旨書いた遺書を作っています。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ