スポンサードリンク

長く一つの会社に勤めるのがいいと聞いたけれど

30代女性の投稿です

 

 

以前、勤めていた会社には九年程お世話になっていました。

 

 

両親に正社員になる事が思考の事で義務であり最高の幸せで

あると教え込まれ、私もそれを信じて就職氷河期の中一生懸命就活して

やっと採用されたことがきっかけでした。

 

 

といっても採用になった会社は勤め始めてから5ヶ月で倒産しました。

 

 

小さい企業であったためその社長の奥さんがやっていた会社に

吸収合併されるような形でなんとか職を失わずに済みました。

 

 

そのときはまだ若かったものの、直前に一生懸命がんばったバイトを

クビになってしまい行く当てがない状況だったのでしがみつくしかありませんでした。

 

 

私は印刷用のデータ制作で入ったため営業は全くできませんでしたが、

その社長の奥さんはどうも若いのだから営業をやらせようと

思っていたものの当てが外れたようでした。

 

 

それでもがんばれば認めてくれると思い通常の仕事以外にも

元社長の奥さんのプライベートで使うデータを印刷物に限らず色々と

作っていたのでそれなりに評価されていると思っていました。

 

 

ところが長年勤務し経営が傾き始めたころ元社長の奥さんの娘が

新しく社長になっていましたが、その人からひどいパワハラを受け

二言目には怒鳴りつけられて参ってしまう日々が続いていました。

 

 

更にそういった中で元社長の奥さんが前の会社で私を雇ってくれた人に

「何であの人雇ったの?」と私がそばにいる事に気づかずに

言っていたのを見てしまいました。

 

 

その雇ってくれた人は私に気づいていたので元社長の奥さんに

合図をしたら「あ、しまった」というような態度で、黙り込んでしまいました。

 

 

九年も勤め続けてそれなりにできる事をがんばったはずにも関わらず、

しかもそばにいる事に気づかれなかったというのが辛かったです。

 

 

この後、新しい社長のパワハラに耐えられなくなった事と、仕事の内容も

コピー機でコピーを取っているだけでサービス残業をしなくては行けないなどがあり、

さすがにこのまま勤めてもいい事がないと思い、やり直しがきくうちにと思い

その会社に辞表を提出しました。

 

 

元社長の奥さんはそれを見て「やっといい所見つかったの」と

別に以前からやめるということは言っていないにもかかわらず、

ほっとした様子でした。

 

 

長年正社員で勤めるのが幸せであると教え込まれたものの、

ちっとも幸せでないばかりか、職を転々としている要領のいい同級生の方が

仕事でロサンゼルスに行ったりフリーでデザインの仕事をしたりして

明らかにいい人生を歩んでいました。

 

 

しかもその同級生に私がこの会社で受けたパワハラについて話したら

「え?そんなことあるの?(ありえない)」というようなことを言っていました。

 

 

今までまじめにがんばった私の人生は何だったんだろうとつくづく思います。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ