スポンサードリンク

雪の日に車をぶつけられた

30代女性の投稿です

 

 

今年の冬はあまり雪が降らなかったのですが、東北在住のため、

私は早めにスタッドレスを装備して運転していました。

 

 

ある日、会社からの突然のサービス出勤を命じられて出かけたその日、

帰る時刻になって突然雪が降り始めました。

 

 

その日は土曜で、いつもは混雑している路線でしたが、その日は

天候のせいか自分の車以外はほとんど無く、 夕方といえどもすでに薄暗く、

大きな綿毛のような雪がぼさぼさと降っていたので、30キロくらいで走っていました。

 

 

 

そこへ、対向車線から明かりを付けないで、同じくゆっくりと

走ってくる車が見えました。

 

 

 

なんとなくふらふらと走っていて、ノーマルタイヤなのだろうなと思ったため、

私は左側ぎりぎりまで車を寄せて、その車が走りすぎるのを待とうとしました。

 

 

 

けれど何を思ったのか、相手の車がどんどんこちらににじり寄ってくるのです。

 

 

 

しかも近づいてきたそのときに、相手がそこで始めてヘッドライトを付けたため、

こちらからの距離もわからなくなってしまい、 私もパニックになってしまって、

左側の歩道との境目の縁石にこすりつけてしまっても仕方ないとさらに左に寄ったのですが、

その車は私の車にぶつかってきて、 こともあろうかそのまま立ち去ってしまいました。

 

 

 

びっくりして車から降り、ぶつけられた部分を確認すると右側のバンパーが凹み

さらには車を押しつけられたせいで左側のタイヤがパンク

 

 

 

腹が立ってナンバーを確認しようにも、車はとっくに走り去ってしまって、

雪の中に呆然と立ち尽くす私。

 

 

ふと弟に助けを求めようと携帯に電話をすると、 「俺じゃなくて警察に電話しろ!」

と怒られる始末。

 

 

 

警察の事情聴取でも、雪とヘッドライトで乗っていた人が見えなかったことや、

車種などついてもたいした説明が出来ず、 「相手は見つからないかもねえ」と

言われてしまいました。。

 

 

 

その上に、家族に事情を話しても同情どころか、鈍くさいとか間抜けなどと馬鹿にされて、

結局ぶつけた犯人は見つけられず・・

 

 

 

相手がいないため自分の保険で車を直すことになってしまって、

もう絶対に冬の日のサービス出勤など絶対にしない!と心に決めたのでした。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ