スポンサードリンク

面倒なことを後回しにしてしまった・・

20代男性の投稿です

 

 

個人事業主である私にとって、年金の支払い免除の審査に通ることは

最重要課題なのです。

 

 

これには基準が設けられていて、年間の所得が一定額以下でなければ絶

対に申請が承認されません。

 

 

当時の私はと言えば、あと4千円だけ経費を計上すれば

年金免除の基準を満たせる状態でした。

 

 

事業に関係する書籍でも買おうなどと考えていると、

急に胃が痛み救急車を呼ぶことになります。

 

 

すぐに入院して手術を受ける必要があったので、し

ぶしぶ医師の言うとおりにしました。

 

 

それは11月下旬のことであり、年末までには経費を計上しなくてはなりません。

 

 

ところが、回復が遅れて最低でも2ヶ月は入院することが決定したのです。

 

 

入院時に必要な保証人は業者に頼むほど交友関係が狭い

私は親族とも親しくないので、たった4千円の経費を計上することさえもできませんでした。

 

 

年間20万円近くの年金の支払いが部分的に免除される制度はありますが、

それでも私の生活が苦しくなるのは想像に難くありません。

 

 

退院してからは、今年度分の年金の負担のことを考えて仕事が手につかなかったです。

 

 

例によって免除申請しましたが、やはり全額免除は拒否されて

代わりに4分の1だけ支払うことが決まりました。

 

 

入学金や授業料が安い大学に入り特例を使う方法もありましたが、

入院費がかさみ必要費を捻出することができなかったのです。

 

 

人生は何が起こるかわからないので、次は早めに経費を計上して

突然の出来事にも対応できるようにしたいです。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ