スポンサードリンク

7年付き合った彼の本命は私じゃなかった

30代女性の投稿です

 

 

大学の後輩で、2歳年下の彼氏と付き合っていました。

 

 

大学生の頃からの付き合いなので交際期間は7年ほどです。

 

 

学生の頃はいつもお金がないと言う彼のために、デート費用は私がすべて持ちました

 

 

服や靴なども買ってあげました。

 

 

ゼミの研究でよく教授と一緒に出掛けていたのですが、交通費が足りないと

言えば貸していました。

 

 

一回も返ってきたことはありませんが。

 

 

それでも彼が大好きで、彼も私を大切にしてくれていると感じていたので、

バイトをたくさん増やしてがんばりました。

 

 

20代後半になり、そろそろ結婚を意識していました。

 

 

とはいっても彼はまだ社会人2年目の20代半ば、仕事に追われて

なかなか会えません。

 

 

疲れているだろうと思い、連絡もなるべく控えていました。

 

 

寂しいけど彼もがんばっているんだから我慢しようと思いました。

 

 

そんなある日、街中で偶然大学の友人達と出会い、そのまま飲みに

行くことになりました。

 

 

そのうちの一人が彼女が浮気していて別れたと落ち込んでいました。

 

 

その彼女は私の彼と仲がいい子で、私のことも先輩先輩といって

慕ってくれていました。

 

 

まさかあの子がと信じられませんでした。

 

 

彼なら何か知ってるかと思い、久しぶりに連絡したかったのもあって、

思い切って聞いてみることに。

 

 

そしたら彼が浮気相手でした。

 

 

というより、お互いそちらが本命で、ずっと付き合っていたそうです。

 

 

頭がフリーズしました。

 

 

私はただお金を使ってくれる都合のいい人だったんです。

 

 

ごめんなさいと言われても何も感じませんでした。

 

 

泣くことも怒ることもできず、淡々とお別れの言葉を言いました。

 

 

なぜか彼が泣いているのが不思議でした。

 

 

お金はいつか返しますと言われましたが、もうどうでもよくなりました。

 

 

結局今でも一円も返ってきません。

 

 

私の7年間は何だったのか、どうして見抜けなかったのか。

 

 

個人的には人生で一番不幸な瞬間でした。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ