スポンサードリンク

5年付き合っていた彼氏に騙されていた

20代女性の投稿です

 

 

学生時代から付き合っていた彼氏に5年騙されていたことがあります。

 

 

もともと友人だったのですが、そのままずるずると男女の関係になり

いつの間にか私の中では彼氏だと認識するようになりました。

 

 

確かに思い起こせば彼から明確な言葉はなかったものの毎週のように

彼の家に泊まりに行ったり、毎日連絡を取り合ったりといつも近況を報告しあっていました。

 

 

私は大学を卒業し、就職をしてからも関係は変わらず彼は私の職場に

車で迎えに来たりとますます彼の家に遊びに行く頻度は増え半同棲のような状態

なっていき私は漠然とこのままきっと彼と結婚するのかなぁと考えてもいました。

 

 

しかし、ある日泊まりに行くと彼がばたばたと慌てて私に私物を持って帰るように

促し始めました。

 

 

私は何のことだかわからず冗談かと思っていしばらくまともに取り合わなかったのですが、

そのあと彼がぽつぽつと実は二股欠けていたことを話し始めました。

 

 

しかも私が2号で本命はもっと前から付き合っている人でその人に本当のことを

伝えることはできないというのです。

 

 

彼の告白に唖然としながらも、だんだんと状況が飲み込めてきて

自分の過ごした5年という月日が一気に無駄になってしまったような気がしました。

 

 

その時もちろん彼のことをあきらめることができず泣いてすがったのですが、

彼はもう彼女を悲しませることができないというばかりで私のことを追い返すことに必死になっていました。

 

 

そしてそのまま強引に車に乗せられ自宅に帰されそれっきり私は彼と連絡が取れなくってしまいました。

 

 

今思い返してもあの5年間は何だったんだろうと思いますし、むなしすぎて

学生時代の恋愛を友人に話すことはあまりできません。

 

 

昔の自分の人の見る目のなさに本当にがっかりしていますが、もう取り返しの

つかないことなのであきらめるしかないのかなと今は思っています。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ