スポンサードリンク

女性40代同棲していた2階部分のアパートに、まさかの空き巣か!

今から約20年近く前の出来事となります。 当時付き合っていた彼氏と同棲をしておりまして、互いに会社員でした。 休みの日も、なかなか合う事も少なく、合うとしても一ヶ月に一度あればよい方でした。 そして、たまたまた休みの日が合ったある日に、その時に趣味であったパチンコにふたりで出掛けまして、夕方になり、家に帰ろうか?という時、彼氏が髪を切りに行きたい、と言い出しました。 早く帰ってゆっくりしたかったのですが、結局、彼氏の床屋に付き合うはめになり、買い物をしたりしながら、小一時間ほど待っていました。 そして、床屋が終わり、家に帰った訳ですが…なんと、アパートの部屋の鍵が開いているではありませんか! もしや、空き巣に入られた?と、驚いた私たちは、すぐさま部屋の中に入り、置いてあった現金があるかどうかを確認しましたが、見事にありませんでした。 金額は約15万円ほどで、その他にも、彼氏の革ジャンや洋楽のCDが数枚なくなっていまして、その上、なんと私の下着が10枚ほどなくなっていたのです。 かなりの衝撃とショックの大きさに、呆然と立ち尽くしてしまいましたが…とりあえず、すぐさま警察に電話をしました。 その後、警官の方が数人アパートに来まして、詳しい事情聴衆をされました。 そして運よく、数ヵ月後に犯人は捕まりました。 犯人は未成年だったようで、親御さんが、盗んだ現金全額と謝罪の手紙を送ってきまして、忘れたたちは弁護士事務所に相談に行きましたが、結局は示談という事で収まりました。 今でも、思い出すだけで…嫌な木持になります。
 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ