スポンサードリンク

女性40代あの日ドライブにさえ行かなければ

あれは、私が高校を卒業して、始めて就職した時の事でした。当時私は実家を出て会社の寮に入っていました。会社の寮と言っても、会社の近くのマンションの3階、4階を借りているだけで、門限もなく、入っている人数もその時は少なくて、一人一部屋与えられていて、私は初めての一人暮らしが、楽しくて仕方がありませんでした。毎週日曜日には自分の部屋の模様替えをしたり、電車に乗って街まで出て、雑貨屋をブラブラしたりしたものです。 「あのう、明日の休みに、良かったらドライブに行きませんか?」 土曜日の仕事終わりに、先輩社員の男性が声をかけて来ました。彼は私より2年先輩で、あまり話した事はありませんでした。物静かな人で、社内で顔を合わせたら挨拶をする、その程度の付き合いでしたので、正直何で私に声をかけて来るのか謎でしたが、男性とドライブデートなんて、全く初めてでしたので、警戒心より好奇心の方が勝ってしまい、私は翌日彼とドライブデートをしました。日中は楽しくドライブをして、夕日の見える海辺でロマンチックな一時を過ごし、夕飯を食べて、寮まで送ってもらいました。私は彼と仲良くなれたのが、嬉しかったのですが、すぐにそれは恐怖に変わりました。 翌日から、彼のストーカーが始まりました。毎日寮の前で私を待ち伏せたり、いつの間にか実家の住所まで調べられ、実家にまで押し掛けてきました。会社にも居づらくなり退職した後も、かなり長い間追いかけ回されました。ただ1度のドライブが不幸な結果となってしまいました。
 
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ